ブレーキパネルの組立。


 
  方向を間違えないように!!




ブレーキパネルには”ブレーキシューピンとブレーキカムシャフトガイド をボルトなどを使って圧入してください。
(た たいて圧入するのでなく、丁寧に方向を合わせ、長めのボルトとワッ シャなどを組み合わせて、ナットを締めこむことにより圧入されるようにするのがポイント)、 向き が有り ますので、上図を参考にして間違え ないように、しっかり作業してください。 
 * 圧入の軸部にオイル、CRC等を少し塗っておくとベター
 * ドライヤーや熱湯などでアルミ(ブレ−キパネル)を暖めて、圧入するのもベ  ター (火傷しないよう に手袋とかして気をつけてください。)
 

  ブラケット をパネルに取り付けてください。 ブレーキカムシャフトガイドの溝にしっかりブラケットを差し込んでください。









各部品は確認して確実に組み立ててください。 

ブラケットはコストを少しでも下げようと(よせばいいのに)設計者がプレス機を借りて曲げたため、すこし曲げが甘い場合など は、モンキースパナなどを使って修正してください。

構成部 品       

ブレ−キア−ム位置補助的情報